良い業者を選ぶポイント

実績の多い業者を選ぶ

エアコン

業務用エアコンは家庭用に使われている100Vではなく、200Vの電圧を使うため、パワーが強く床面積が大きい店舗や事業者で利用されています。一般住宅でも20畳を超えるようなリビングでは、家庭用エアコンではパワー不足なことと電気料金が高くなることから業務用エアコンを取りつけることもあります。業務用エアコンを取りつける業者を選ぶときは、販売・取りつけ実績の多い業者を選ぶようにしてください。実績が多いということはそれだけ機器や資材メーカーとの取引が多いことになるため、資材の納入料金が安くなります。仕入れ価格が安くなれば、小売り価格も安くなりがちです。もちろん経験が豊富ということは、確実な工事をしてくれて、工事期間も短くなることから人件費が節約されるため工事費も安くなります。業務用エアコンには多くのメーカーもあれば、様々な形状のものがあります。最初からひとつのメーカーや形状を勧めてくる業者ではなく、現地を調査した結果をもとに最適な提案をしてくれる業者を選ぶようにしてください。業務用エアコンは天井に取り付けることが多いですが、天井に埋め込むものもあれば、吹き出し口が4方向や2方向など様々なタイプがあります。室外機を置く場所についてもプロの目で見て、最適な場所を提案してもらうようにしましょう。業務用エアコンは家庭用エアコンと比べて、丈夫で長持ちしますが、機械という特性上故障が絶対になりとは言うことができません。しかも、故障がおきるのは、エアコンをあまり使わない春や秋ではなく、負荷のかかる夏や冬がほとんどです。エアコンがなければ、営業上支障がでてしまうので、故障したときにもすぐに駆けつけてくれる体制を取っている業者を選ぶようにしてください。

パワーと信頼性

男性

エアコンには家庭用エアコンと業務用エアコンがあることは知っていても、単純にパワーがあるのが業務用エアコンと認識している人が多いようです。業務用エアコンはパワーがあることはあっていますが、パワーがあるのは200V電圧を使っていることで冷暖房能力が向上しているのです。また、一般家庭よりも事業所や商店などはエアコンの使用時間が長いことと故障によって使用できなくなると営業被害が出てしまうことから高い信頼性が必要になってきます。業務用エアコンはパワーがあるだけでなく、堅牢性も兼ね備えていることになります。通常家庭用エアコンの性能は、6畳用や8畳用のように示されていますが、業務用エアコンは3馬力や5馬力のように馬力で性能が表記されています。家庭用エアコンは、木造や鉄骨造りのように住宅の構造に違いはありますが、キッチンやリビングや寝室のように使う環境はある程度が決まっています。一方、業務用エアコンは常に熱が発生している飲食店や静かな事務所まで様々な場所で使われているため、単純に広さで性能を示すことができないのです。業務用エアコンのマニュアルを見ると、設置場所や広さと馬力の一覧が表示されていることが多いですが、専門家のアドバイスを受けるのが一番間違いがありません。業務用エアコンを選ぶときには、設置する環境に合わせた適当な大きさのものを選ぶことが重要です。設置する環境に充分な性能を持たない業務用エアコンを取りつけてしまうと、電気料金がかさみ、故障が頻発することになってしまうので注意して下さい。

業務用の空調を選ぶ基準

業者

業務用エアコンを店や事務所、工場などに導入する際にはしっかりと基準を決めて選んでいかなければいけません。飲食店用と工場用は求められる機能が異なっており、適切な業務用エアコンを運用しなければ余計なコストを支払うことになるでしょう。主な違いは形と馬力であり、冷やす必要のある空間の面積にあわせて選択する必要があります。この際に強すぎるものを選択してしまうと、省エネ効率が悪くなってしまうでしょう。業務用エアコンの選定基準として、面積にあった馬力でエアコンを設置する場所にあった形にすると問題ないです。業務用エアコンは主に天井に設置するものが多いですが、壁掛けと床置き対応も存在しています。これらを選ぶ理由は、天井に設置できないという部屋の場合です。一番冷房効率がいいのが天井であり、それが出来ないときに壁と床を利用するということを知っておきましょう。製造メーカーから選ぶ際には、長年の実績とノウハウを所有する大手業者にしておくと堅実です。そういった選定基準を持って業務用エアコンを導入すれば、店内や事務所、工場などを快適な空間にすることができるでしょう。ただし、業務用エアコンを導入する際にはこれらの基準を守った上で、専門家の意見を聞くことが大切です。いくら高機能の業務用エアコンでも、壁などに隙間が存在すると効率がとても悪いものとなってしまいます。基準を守って専門家に確認してもらえば、業務用エアコンの導入は必ず成功するでしょう。